入手方法は様々

トリキュラー
ピルを服用すると、その作用でホルモンバランスがコントロールされた状態で生理を迎えるので、生理前症候群の症状や生理通などが著しく緩和されることが期待できます。

低用量ピルを入手するには、通常は婦人科を受診して病院で処方してもらいますが、最近はネット販売で購入することも可能です。
ネット販売では、海外からの輸入薬剤を買うことになるので、病院で処方してもらう場合よりも安く入手することが出来ます。

婦人科で処方してもらう場合は、低用量ピル1シートの値段がおおよそ2000円から3000円で、これに加えて診察料がかかります。
ネット販売の場合は、平均的に1シートが1200円程度のものが多いようです。

ただし、ネット販売で扱われている低用量ピルは、国内で生産されているものもあれば海外で生産されているものもあり、薬剤に含まれている副生成物や部順物の割合もまちまちです。

ネットで入手したピルの場合、病院で処方してもらったピルではでなかったような副作用が現れる場合もあるようです。
ネットでピルを入手する場合は、多少リスクがあることも念頭におき、服用する中で何か体に不調を感じたらできるだけ早く医師に相談するようにしましょう。