月経異常や避妊に効くピルをWIKIで確認!服用は食後?

婦人科系の医療機関で用いられる、ポピュラーな医薬品として、ピルがあります。ピルは月経の異常に関する治療や症状の緩和を促すばかりか、避妊のために利用されることもある、広く活用されている薬です。
インターネットで物事を調べる時に、大変便利なサイトとしてWIKIがありますが、ピルを検索すると経口避妊薬の名で、WIKIではピルが紹介されています。このページを参考に、知識を得るのがおすすめです。
WIKIの項目の中でも注目すべき点が、ピルの妊娠確率です。記述によると、その確率は0.3%となっており、限りなく妊娠のリスクがない方法であることが分かります。また、避妊用のピルは低用量のものが用いられますので、高用量や中用量のピルと比べて、副作用のリスクが少なくなっています。
日本では段階的にピルの認可が進んでおり、2010年では月経困難症の治療のために、超低用量ピルの認可がされています。
避妊以外の目的としては、月経周期を安定させたり、経血の量を減らして貧血を防ぐ、子宮内膜症や、子宮や卵巣に関するがんのリスクを減らす効果もあるとされています。
一般的に多くの薬は食後に服用する場合が多いため、ピルに関しても食後に服用すべきか気になるところでしょうが、避妊用として用いるピルの場合は、食後に服用するといった決まりごとはありません。しかし、一定の時間に服用することが大切ですので、飲み忘れないような時間帯を決めて、服用を続けるのが理想です。忘れにくい時間帯なのであれば、食後に決めて服用しても、構いません。
ピルの服用方法が分からないのであれば、WIKIを参考にしてみましょう。しかし、より確実な確認の仕方は、処方する医師へ相談することです。