月経異常や避妊に効くピルをWIKIで確認!服用は食後?

婦人科系の医療機関で用いられる、ポピュラーな医薬品として、ピルがあります。ピルは月経の異常に関する治療や症状の緩和を促すばかりか、避妊のために利用されることもある、広く活用されている薬です。
インターネットで物事を調べる時に、大変便利なサイトとしてWIKIがありますが、ピルを検索すると経口避妊薬の名で、WIKIではピルが紹介されています。このページを参考に、知識を得るのがおすすめです。
WIKIの項目の中でも注目すべき点が、ピルの妊娠確率です。記述によると、その確率は0.3%となっており、限りなく妊娠のリスクがない方法であることが分かります。また、避妊用のピルは低用量のものが用いられますので、高用量や中用量のピルと比べて、副作用のリスクが少なくなっています。
日本では段階的にピルの認可が進んでおり、2010年では月経困難症の治療のために、超低用量ピルの認可がされています。
避妊以外の目的としては、月経周期を安定させたり、経血の量を減らして貧血を防ぐ、子宮内膜症や、子宮や卵巣に関するがんのリスクを減らす効果もあるとされています。
一般的に多くの薬は食後に服用する場合が多いため、ピルに関しても食後に服用すべきか気になるところでしょうが、避妊用として用いるピルの場合は、食後に服用するといった決まりごとはありません。しかし、一定の時間に服用することが大切ですので、飲み忘れないような時間帯を決めて、服用を続けるのが理想です。忘れにくい時間帯なのであれば、食後に決めて服用しても、構いません。
ピルの服用方法が分からないのであれば、WIKIを参考にしてみましょう。しかし、より確実な確認の仕方は、処方する医師へ相談することです。

月経の乱れや無月経に効果がある海外医薬品

性成熟期になった女性で月経が来ないことを無月経といいます。無月経には原発性無月経といわれる生まれてから一度も月経が来ないものと、続発性無月経といわれる一度は月経がきたがその後来なくなり3ヶ月以上経った状態のことをいいます。原発性無月経で染色体異常や卵巣形成障害の場合、乳房の発育や腋毛、恥毛が生えないなどの症状がみられます。膣の欠損が原因の場合は、下腹部痛を引き起こしたりします。続発性無月経は、月経停止以外の症状があらわれることはあまりなく、無理なダイエットなどで急激に体重が減少したり、精神的に強いストレスを受けたことがきっかけで月経が止まることがあります。無月経の治療にはその原因によって異なってきます。月経が無いと妊娠することが難しくなるため月経を起こすために女性ホルモンが配合された薬を用いることがあります。無月経は病院で検査してその原因を調べてから、治療を行うのが理想ですが、婦人科に行くことに抵抗を感じたり、病院に行く時間がない人もいます。そのような場合、安くで購入できる海外医薬品を利用してみることもできます。月経が無い人や生理不順、機能性子宮出血などの改善に役立つ薬として日本人でも海外医薬品を使う人が増えてきています。低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれていてホルモンバランスを整える作用があります。生理周期が乱れている人も海外医薬品の低用量ピルを服用して改善されている人は多くいます。ピルにも種類がありますので、ネットで購入する場合にはまず少なく買って、自分に合うものを選ぶことです。服用した時の効果は個人差がありますので、自己責任で購入するかどうかを決めることは大切です。

生理痛を軽くしたい時の方法

生理痛は、冷えや骨盤のゆがみ、女性ホルモンであるエストロゲンの乱れなどにより引き起こされます。
そのため、生理痛を軽くしたいときには、温めることが有効です。温める場所は、お尻の割れ目上あたりの仙骨を温めます。仙骨を温めることで、全身がポカポカし、エストロゲンの働きも活発になるため、生理痛を和らげることができます。仙骨を温める際に、おへそ下も一緒に温めるとさらに効果的です。
温める以外で生理痛を軽くしたい場合には、運動やストレッチも有効です。散歩を短時間行うだけでも不快感がとれるなど、軽い運動を行うことで痛みを和らげることができます。
食べ物にも注意します。栄養を過剰に取りすぎていると生理中の血が茶色でドロっとします。体内の血をドロドロさせないためにも、マーガリンや肉類など脂肪の過剰摂取、スナック菓子や乳製品の過剰摂取は控えるようにします。鉄分の補給のためにプルーンも効果的です。鉄分が足りないと貧血や生理痛などの症状が出やすくなります。魚やアーモンド、ゴマなども効果的とされ、身体を温め血行を良くする生姜も適しています。反対に、身体を冷やしてしまうチョコレートやアイスなどは控えたほうが良いとされています。
他にも、生理痛を軽くしたい場合には、布ナプキンを使う方法があります。布ナプキンは、紙ナプキンに比べると保温力が違います。そのため、つけているだけでお尻のあたりが温められます。痛みの緩和だけでなく、嫌なムレや臭い、かゆみなども軽減することが可能です。布ナプキンは、自分で洗濯する必要があるため、無理はせずに家では布ナプキン、外では紙ナプキンのように使い分けたりと軽い気持ちで始めてみることです。

低容量ピルの避妊の仕組み

低容量ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含んだ薬で、低容量ピルを服用すれば、避妊を男性まかせにせず、女性の意思で避妊できるというメリットがあります。

低容量ピルには、すべての錠剤に同じホルモン量が入っている一相性ピル、女性の生理周期に合わせてホルモン量を段階的に調整してある段階型ピル、段階型ピルの中にも、ホルモン量を2段階に調節した二相性ピル、3段階に調節した三相性ピルがあります。段階型ピルは飲む順番を間違えると避妊効果が弱くなったり、不正出血が起こることがあります。

女性は毎月、排卵と受精、妊娠の準備、月経を繰り返しており、この周期は、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンによって調整されています。通常、性腺刺激ホルモンが卵巣を刺激して排卵を起こしますが、低用量ピルの服用によって、脳下垂体が体内には十分な女性ホルモンがあると判断され、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられます。ホルモン分泌が抑制されると、卵巣がお休みして排卵しなくなります。さらに、子宮内膜に作用して受精卵の着床を防いだり、子宮頸管の粘膜を変質させて精子が侵入しないようにもします。

コンドームによる避妊は、6人に1人の割合で失敗する可能性がありますが、低容量ピルを正しく服用すれば、ほぼ100%という高い確率で妊娠を防ぐことが可能です。

海外では避妊の方法として低容量ピルの服用が一般的で、20代女性の半数が服用しているという国もあるほどです。しかし、低容量ピルだけでは避妊はできても性感染症の予防はできないので、低容量ピルを習慣にし、性行為の際は性感染症と妊娠を防ぐ意味でコンドームを使用するとよいでしょう。

低容量ピルの効果について

低容量ピルは女性ホルモンが含まれており、経口避妊薬とも呼ばれてます。日本ではコンドームで避妊している方が多いのですが、コンドームは正しく使用しても1年間で15%程妊娠する確率があります。正しく使用していないとさらに妊娠の可能性は高くなります。
一方低容量ピルの避妊効果はほぼ100%で、非常に安全な薬です。ピルに含まれる卵胞ホルモン・黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが脳下垂体に働きかけて、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えます。それによって卵胞は成熟せず、排卵が起こらなくなります。
しかしピルは飲み忘れると避妊効果が低下します。なので経口避妊薬として使用する場合は飲み忘れに注意しましょう。
低容量ピルの効果は避妊だけではありません。月経の周期が正しく28日周期になるので月経不順の治療効果があります。月経量が減っていくので、月経量に比例して進む内膜症の進行を予防する働きもあります。よって月経痛の軽減、子宮内膜症治療にも有効です。
子宮内膜が十分にはがれずいつまでも古い内膜がとどまって分厚くなっていくことによって子宮体がん発症の温床になります。低用量ピルに含まれる黄体ホルモンの作用で毎月子宮内膜がきれいにはがれ、子宮内膜が厚くならないことにより、子宮体がんの予防にも期待できます。
そして卵巣は排卵のたびに大きなストレスを受け、このストレスにより卵巣がんが発生すると考えられています。ピルを服用することで排卵が抑制されるので卵巣がんの予防にも効果があるとされています。
ピルにふくまれる女性ホルモンがニキビの原因である男性ホルモンの働きを抑えてニキビを改善してくれるので美容効果ももたらしてくれます。

生理痛が軽い人の特徴

毎月の生理が、憂鬱で仕方がないという女性がいます。
しかし女性として生まれた以上、生理は避けて通ることができないものです。
したがってこの生理とうまく付き合っていく方法を見つける以外に術はありません。
不安やそのストレスから恐怖心が強くなりさらに強い痛みとなることもあるので、まずは生理痛が軽い人の特徴を知りそれを実践してみることも一つの方法なのです。
生理痛とはそもそも、受精卵となり着床することがなかった卵子や子宮内膜がはがれ血液と一緒に体外に排出される現象に伴うものです。
これが生理のもとであり、生理痛の原因となっています。
この時ホルモンの量が多い人は痛みを感じやすくなり、子宮口が狭い等の器質的な問題がある場合にも血液がうまく流れずに痛みとなって表れるのです。
妊娠や出産を機にこの子宮の出口が広がって痛みが無くなるということも珍しいことでがありませんが、すぐに実践することができることもあります。
それはストレスを失くすということです。
そうすれば自律神経のバランスが崩れにくくなり痛みのもととなるホルモンの分泌が抑えられるのです。
また血流が良くなり、体が温まるという効果もあることから生理痛改善に良い影響を与えます。

月経前症候群とセロトニンの関係

月経前症候群とセロトニンの関係についてご説明します。
まず月経前症候群とは、月経の前日から1週間ほど前に不快な症状が出てくることです。
手足のしびれや乳房の張りや腹痛などの体の症状もありますが、特に深刻なのが精神面での症状です。
苛立ちが止まらなくなったり、些細なことで落ち込んだり怒ったり、精神状態がとても不安定になるのです。
さらに集中力も低下してしまうので、それにより仕事や人間関係などに支障を来たしてしまうこともあります。
この月経前症候群は、正確な原因はまだ解明されていないのですが、セロトニン不足が原因のひとつとなっていると言われています。
セロトニンとは神経伝達物質のひとつです。
神経伝達物質にはセロトニンの他にノルアドレナリンやドーパミンもあるのですが、セロトニンが不足すると、その分これらが精神に与える影響が大きくなります。
怒りや苛立ちなどによる気持ちの乱れは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走によって起こるのです。
月経前になると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が減ります。
それに伴いセロトニンも減少します。
そのために月経前にはノルアドレナリンやドーパミンが暴走しやすくなり、精神的に不安定になってしまうということです。

漢方療法でPMS治療

PMSとも呼ばれている月経前症候群とは、月経が来る1週間から2週間程度前から、体に様々な症状が起きる事を言います。
精神的症状と身体的症状の2種類があり、代表的な症状として下腹部痛や腰痛、イライラや孤独感等が挙げられます。
人によって、その症状の種類や重さが違ってくるという特徴があります。
月経前症候群の治療方法には、薬物療法等の様々な方法がありますが、その1つとして漢方療法があります。
これは文字通りに漢方薬を用いた治療方法になります。
植物等の自然由来の物を原料として使っているので、副作用等の心配がなく体に優しい治療方法だと言えます。
漢方療法でPMS治療を行うという事は、漢方薬の力を借りて体の根本からバランスを整えて、症状の改善を目指す事が目的となります。
月経前症候群では、主に血の流れを良くするための漢方薬が基本として処方されます。
そして、その基本の漢方薬に、人それぞれの症状に合わせた漢方薬が加えられます。
例えば、体内に溜まった水分を体外に排出する働きのある漢方薬や、貧血を改善する漢方薬等です。
これら数種類の漢方薬の総合的な働きによって、症状を改善していきます。
ただし、漢方療法は効果を実感するまでに数ヶ月はかかってしまう治療方法です。
結果を焦らずに専門家のアドバイスを受けながら続ける事が大切です。

入手方法は様々

トリキュラー
ピルを服用すると、その作用でホルモンバランスがコントロールされた状態で生理を迎えるので、生理前症候群の症状や生理通などが著しく緩和されることが期待できます。

低用量ピルを入手するには、通常は婦人科を受診して病院で処方してもらいますが、最近はネット販売で購入することも可能です。
ネット販売では、海外からの輸入薬剤を買うことになるので、病院で処方してもらう場合よりも安く入手することが出来ます。

婦人科で処方してもらう場合は、低用量ピル1シートの値段がおおよそ2000円から3000円で、これに加えて診察料がかかります。
ネット販売の場合は、平均的に1シートが1200円程度のものが多いようです。

ただし、ネット販売で扱われている低用量ピルは、国内で生産されているものもあれば海外で生産されているものもあり、薬剤に含まれている副生成物や部順物の割合もまちまちです。

ネットで入手したピルの場合、病院で処方してもらったピルではでなかったような副作用が現れる場合もあるようです。
ネットでピルを入手する場合は、多少リスクがあることも念頭におき、服用する中で何か体に不調を感じたらできるだけ早く医師に相談するようにしましょう。